水木しげる生誕100周年記念『水木しげるの妖怪 百鬼夜行展~お化けたちはこうして生まれた~』が今夏開催

水木しげる生誕100周年記念『水木しげるの妖怪 百鬼夜行展~お化けたちはこうして生まれた~』が今夏開催

『ゲゲゲの鬼太郎』の生みの親であり、マンガを通して日本に「妖怪」文化を根付かせた唯一無二のマンガ家・水木しげる。

その水木しげるの生誕100周年を記念して、東京シティビューで展覧会『水木しげるの妖怪 百鬼夜行展~お化けたちはこうして生まれた~』が開催されます。

今回の展示では、江戸時代の絵師・鳥山石燕の「画図百鬼夜行」、昭和初期の民俗学者・柳田國男の「妖怪談義」など、水木氏自身が所蔵する妖怪関係資料を初公開。水木しげるの描いた妖怪たちは、先人たちが描いてきたさまざまな意匠を取り入れ、独自の解釈によって生まれたものですが、今回の展示ではその源流となった絵画を目にすることできます。

また、水木しげるの妖怪画を100点以上に渡って一挙公開。まさに百鬼夜行な勢いの展示となります。

Futaba Kikaku Co.,Ltd.

Futaba Kikaku Co.,Ltd.

今回は通常チケットに加え、様々な特典が付属する特典付きチケットが発売。妖怪に出会いやすい時間帯とされる“逢魔が時”に、妖怪ライター・村上健司氏のディープなガイドを聴きながら作品を鑑賞できる、大人のナイトツアー「真夏の夜の妖怪ツアー」や、親子向けガイドツアーと「妖怪ミニ図鑑」を作るワークショップがセットになった「水木しげるの妖怪百鬼夜行ツアー ~自分だけの妖怪ミニ図鑑をつくろう~」、展覧会特製ポスターが付属する特典付きチケットも用意されています。

水木しげるの表現を辿りながら、日本の妖怪文化の源流についても学べる展覧会。

夏の日にぴったりの、大人から子どもまで楽しめるお出かけ必至の展覧会です。

水木しげるの妖怪 百鬼夜行展~お化けたちはこうして生まれた~
会場:東京シティビュー
会期:2022年7月8日(金)~9月4日(日)※会期中無休
開館時間:10:00~22:00(最終入館 21:00)
入場料:一般2,200円、シニア(65歳以上)1,900円、高校・大学生1,600円、4歳~中学生1,000円、ペア割3,600円
特典付きチケット
ポスター付き展覧会チケット(日時指定なし)2,600円、ワークショップ付き親子チケット※10組20名限定4,200円(保護者1名・子供1名)、ガイド付きナイトツアーチケット2,800円
HP: https://mizuki-yokai-ex.roppongihills.com/